トップページ

2020年4月以降の研究活動等のニュースは、こちらに記載しています。それ以前の情報は順次更新中です。

新着研究活動NEWS

2024.4.29 令和6年春 瑞宝中綬章を受章しました。
2024.3 NBER Working Paperで以下の論文を発表しました。
“Invoicing Currency Choice: Strategic Complementarities and Currency Matching”
Yushi Yoshida, Junko Shimizu, Takatoshi Ito, Kiyotaka Sato, Taiyo Yoshimi & Uraku Yoshimoto
WORKING PAPER w32276
DOI 10.3386/w32276
ISSUE DATE March 2024
2024.3.1-3 The CSEP conference 'India in Asia, Deeper Engagement: New Industrial Policies: Asian Perspectives, March 1-3, 2024 at Neemrana Fort-Palace' に参加して、'Japan and India: Geopolitics, Democracy, and Industrial Policy' を発表しました。
2024.2 NBER Working Paperで以下の論文を発表しました。
“Invoice Currency Choice in Intra-Firm Trade: A Transaction-Level Analysis of Japanese Automobile Exports”
Taiyo Yoshimi, Uraku Yoshimoto, Kiyotaka Sato, Takatoshi Ito, Junko Shimizu & Yushi Yoshida
WORKING PAPER 32142
DOI 10.3386/w32142
ISSUE DATE February 2024

新着メディア情報

■ 2024.5.30 Bloombergにインタビュー記事が掲載されました。
 
「日銀の利上げ、年内2回で0.5%もあり得る-伊藤コロンビア大教授」(2024年5月30日)

■ 2024.5.25 『Forbes Japan』に寄稿しました。
  
2024年7月号「大学紛争の再来か」(2024年5月25日発売、No.119、15頁)

■ 2024.5.16 Project Syndicateに寄稿しました。
  “The Innocent Bystanders of College Protests”(有料サービスとなります)

■ 2024.5.2 ロイターにインタビュー記事が掲載されました。
  
「インタビュー:為替介入でドル160円に「天井感」=伊藤・米コロンビア大教授」

■ 2024.4.8 日本経済新聞「経済教室」に寄稿しました。
  「マイナス金利解除後の金融政策① 『2%インフレ目標』貫徹を」(朝刊15面、日本経済新聞社の許可を得て紙面PDFを掲載しています)