トップページ

2020年4月以降の研究活動等のニュースは、こちらに記載しています。それ以前の情報は、GRIPS内のホームページをご覧ください。

新着研究活動NEWS

 2022.6.23 The Seventh Tokyo Fiscal Forum: “Fiscal Policy after the COVID-19 crisis: Toward a Resilient, Inclusive, and Digital Future in Asia” June 22-23, 2022 で、Session 4のModeratorを務めました。

  Day 2: Thursday, June 23
  Session 4: Digitalization of Government Operations
  Chair: Mr. Takatoshi Ito (Professor, Columbia University and GRIPS)
  Presentation:
  [1] International Experiences of PFM digitalization
  Mr. Moritz Piatti (Senior Economist, World Bank)
  [2] Country Case 1: Cambodia
  Mr. Maun Prathna (Deputy Secretary General, Permanent Vice Chairman of FMIS Project Management, Ministry of Economy and Finance)
  [3] Country Case 2: Mongolia
  Mr. Baatarsuren Batsaikhan (Head, Risk Management Department, General Department of Taxation)

■ 2022.5.25-27 コロンビア大学日本経済経営研究所が、年次東京コンファレンスを、今年度はZoomにて開催いたしました。
  ご興味があれば、是非、各回をRegisterしてご参加ください。

  <第1日目>
  日時:5月25日、8:00-9:35(日本時間)
  基調講演:林芳正外務大臣「日本外交の課題」
  パネル・ディスカッションのパネリスト:
  トーマス・クリステンセン コロンビア大学 国際関係公共政策大学院 暫定学院長、国際関係学教授
  マイケル・グリーン 戦略国際問題研究所 上級副所長
  佐々江賢一郎 日本国際問題研究所 理事長
  スーザン・ソーントン イェール大学ロースクール 客員講師、シニアフェロー
  登録はこちらから

  <第2日目>
  日時:5月26日、8:00-9:35(日本時間)
  基調講演:森まさこ「危機管理と女性、新しい資本主義と女性」
  パネル・ディスカッションのパネリスト:
  林 伴子 内閣府 男女共同参画局 局長
  鈴木純 帝人株式会社 取締役会長
  田代桂子 株式会社大和証券グループ本社 取締役兼執行役副社長
  キャシー松井 MPower Partners ゼネラル・パートナー
  登録はこちらから

  <第3日目>
  日時:5月27日、8:00-9:35(日本時間)
  基調講演:小林鷹之「経済安全保障政策について」
  パネル・ディスカッションのパネリスト:
  広瀬 直 経済産業省 経済産業審議官
  ダニエル・プライス ロック・クリーク・グローバル・アドバイザー マネジングディレクター
  キャンディダ・ウルフ シティグループ上級副社長、グローバル・ガバメント・アフェアーズ ヘッド
  登録はこちらから

■ 2022.5.18 アルゴリズム取引と金融市場学会が国際コンファレンス「フィナンシャルセンターと市場」を開催いたしました。
  日時:2022年5月18日(水)
  会場:フォーシーズンズホテル東京大手町(東京都千代田区大手町1-2-11)
  プログラムはこちら
  アルゴリズム取引と金融市場学会についてはこちら

■ 2022.4.22 コロンビア大学において、黒田東彦日本銀行総裁がスピーチをされましたが、そこでモデレーターを務めさせていただきました。
  講演録はこちら(日本語)  ビデオはこちら(英語)

  こちらの講演は、次のメディアでカバーされました。
  ・日本経済新聞、4月23日、『日銀総裁「金融緩和の継続必要」、消費回復の鈍さ指摘』

  ・テレビ東京、4月25日、『日銀は金融緩和を「継続」』
  日銀の黒田総裁は22日、訪問先のニューヨークで講演を行いました。金融引き締めを進めるアメリカと比べ日本は個人消費や求人数の回復が遅れていると指摘したうえで、「金融緩和で経済活動をしっかりとサポートすることが必要だ」と述べました。

■ 2022.4.18 コロンビア大学における、新浪剛史サントリー(株)社長の講演でモデレーターを務めさせていただきました。
  大学関係者のみの招待者で議事録など記録はありません。

■ 2022.1 Asian Economic Policy Review, vol. 17, no. 1(January 2022)が発行されました。
  Theme: The COVID-19 Pandemic and Asia

新着メディア情報

■ 2022.6.25 『Forbes Japan』に寄稿しました。
  2022年8月号 「安い日本と解決策」
(2022年6月25日発売、No.096、17頁)

■ 2022.5.24 Project Syndicateに寄稿しました。
  “The Finlandization of Asia”